複合機はリース会社と契約した方が断然お得!

修理までの流れ

コピー機

コピー機は紙が詰まる以外にも、様々な理由から故障してしまうことがあります。そのため故障したときには修理業者に依頼してしっかりと直してもらいましょう。その場合実績などの確認もしておいたほうが安心して任せられます。

Read More..

お得に使おう

作業員の男性

固定費を下げる事が必要

バブルが崩壊し、その後は景気のいい話を聞くことはあまりなくなりました。IT革命により、少し景気が良くなってくると思っていた矢先に起きたリーマンショックで大打撃を受けた企業も多くあります。アベノミクスにより多少景気が上向いてきましたが、まだ企業としては先行きの見えない状況です。今必要なことは徹底した経費削減です。特に優先すべきは固定費の削減です。まず各事業所には必ずある複合機の代金に関して見直してみましょう。パソコンが普及した今の世の中でプリンターの役目も果たす複合機はなくてはならないものです。複合機が壊れてしまった時には多くの業務がストップしてしまいます。古い複合機は修理の機会も多いため買い替える方が安く抑える事ができる可能性が高いです。性能もよく、修理の無料期間を設定しているところもあります。リースの場合は修理もセットで行ってくれるため、リースという手段もあります。修理か買い替えか決断し、固定費の削減をめざしましょう。

失敗から学ぶ成功のための選択

固定費を削減するためにコピー機を安く購入する、という事を考える場合に注意すべきことがいくつかあります。失敗例をいくつか紹介します。1つ目のケースは、インターネットで安い中古のコピー機を購入した、というケースです。このケースは中古のため、すぐに壊れてしまって修理費で数十万かかってしまった、という事が起きて結果的に損をしてしまいました。更に、メーカーの部品供給が8年程度なため、部品がなければ修理不可能な場合もあります。2つ目のケースは、リース料の安さで契約してしまったが全体の料金で高くなってしまった、というケースです。コピー機にはカウンター料金が存在します。パソコンから出力したりファックス受信にもお金がかかるのです。そういったトータルコストで考えて契約する必要があります。

繊細な機械

女の人

コピー機は非常に繊細で、壊れることが度々あるのです。しかし、再起動をすることで動くこともあるのでトライして、それでもだめな場合は専門業者に依頼するといいでしょう。

Read More..

評判のいい業者に依頼

複合機

コピー機は維持するだけでもコストがかかり、修理に出すにもお金がかかってしまうものです。しかし、必要な機材ですので、評判のいい専門業者に依頼してみるといいでしょう。

Read More..